ネコ、音楽などなど デザイングッズ作りました | デザイングッズならKazzB

Tシャツやトレーナー、iPhoneなどのスマホケース、その他いろいろなものにデザインしています。 ネットショップで絶賛販売中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

十二支の時計

12時間で短針が一周する現在の時計の文字盤に、昔の時計の十二支の漢字をアレンジしてモダンな感じに
デザインしてみました。

Junishi_clock

江戸時代の時計は、子(ね)の刻が 23:00 から 1:00 というように、2時間ずつの刻みになっていました。

当時は24時間で短針が一周していたので十二支が円形に一列に並んでいたのですが、現在の時計に
並べようとすると上の写真のように2列の円形にするなどの工夫が必要になります。
この結果、短針が指す方向には2つの文字があり都合が悪いので、昼間は白い方を参照し、夜は黒い方を
参照すればその時の時刻がわかるようにしました。
子、丑、寅、卯、辰、巳 の次は、内側の円周に移って 午、未、申 と進みます。

文字盤の一番下の午前6時と午後6時の、黒から白へ、白から黒へのグラデーションでそれぞれ
夜明けと日暮れをを表現しています。

ちなみに幽霊が出やすい「草木も眠る丑三つ時」とは、丑の刻(1:00AM - 3:00AM)を四つに分けたうちの
三番目で 2:00AM - 2:30AM を指すようです。
江戸時代はこのように時刻の最小単位が30分だったようですが、その理由はたぶん時計の時刻を正確に
合わせる術がなかったからなのでしょう。その分、今ほど時間に縛られることもなく、そんなアバウトな
時間が流れていた時代に憧れてしまいます。


※この時計はアメリカのCafePressで販売しています。海外からの購入経験のある方はぜひどうぞ。
(合計3種類あります。)


<追記>

その後、ClubTの時計にもアレンジしました。こちらは元々、文字盤が無地ではない製品です。

Junishi_clock
スポンサーサイト

テーマ:こんなの作ったよ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/07/10(火) 21:01:46|
  2. オリジナルデザイン
  3. | トラックバック:0



Copyright (C) 2012 airdonuts All Rights Reserved.



トラックバック

トラックバック URL
http://airdonuts.blog.fc2.com/tb.php/5-74cd754f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)